今週は、サークルの竿納めとして洲崎栄ノ浦港から甲子丸を仕立ててヒラメ狙いとなった。
参加メンバーは、私の他に酒田キャプテン、都築さん、梅沢さんの4名。
出船前に船長に聞いたところによると最近、イワシの群れが回ってきていてそれを追ってサバが多くなっている。
ヒラメも渡ってきているようだと言うことで期待大でまだ薄暗い6時に出船。

ポイントまでは、僅か5分ほど。洲崎灯台の目の前。
朝の内は、小雨が降っていたが気温が高いため苦痛にはならない。
ウネリもさほどなく釣りやすい状況。
期待のスタートだっが、どういうわけか魚の活性は、極めて低く餌のイワシは無傷のまま。
陽が高くなり暖かくなってきても状況に変化がない。
船中の雰囲気もあきらめムード。
2時間くらいたち右舷ミヨシに陣取った私は、すっかり飽きて隣の梅沢さんとおしゃべり中。
「いつ食ってくるかわからないからあきらめないで行きましょう」などと言っていると私の竿がガクガクと上下している。
慌てて席に戻り竿をもって合わせを入れると魚が乗った。
時折、抵抗を見せながらあがってきたのは本命のヒラメ。
今年は、ソゲに毛が生えたクラスしか釣れていなかったので久しぶりの「ヒラメ」であった。
この1枚で船中盛り上がったが、状況は変わらず激シブのまま終了。
サークルの最終戦は、またも厳しいものとなってしまった。

釣りのデータ
小潮 曇り後晴れ、水温??度、澄み
南総洲崎栄ノ浦港甲子丸
釣果:ヒラメ60㎝(2.4㎏)
釣り方:泳がせ釣り
エサ:活きイワシ
タックル:竿=Daiwa LEADING-XA55 225IV、リール=Daiwa ミリオネアICV-Z 250SF
仕掛け:オモリ=60号、ハリス=5号
20081220_123917__0003

サークルメンバーの釣果
20081220_123943__0004
都築さんは、いい引きで本命と思わせたオジサン。
キャプテン酒田は、小型のマハタ。