つり政ブログ

東京都新宿区出身で父親の影響もあって子供のころから釣りに親しんできました。 成人してからは南房総を中心に磯釣り、船釣りを楽しんでいましたが、2006年に小型船舶免許を取得した事を契機にマイボートフィッシングに夢中になっています。 2019年から釣り動画などの投稿を始めました。

2020年01月

View this post on InstagramA post shared by 川口 太郎 (@turimasa01)豪雪地帯の新潟。しかし、今年は異常な暖冬影響で降雪が少ない。合宿の最終日、ようやく新潟らしい雪が降りだした。撮影場所:新潟県南魚沼郡湯沢町撮影日時:2020年1月21日(火) カメラ:OLYMPUS E ...

前回の釣果を食す!! マアジ&イナダ&マアジの3点盛とアジのナメロウ新鮮な魚の刺身を食せるのは、釣り師の特権。マアジ、イナダ、マダイの刺身とマアジのナメロウ。臭みは全くないく、サッパリした食味。ナメロウは、酒のつまみには最高であった。サバの味噌煮サバのイメ ...

ばんやの駐車場で車中泊し、二日目を迎えた。日の出がすっかり遅くなり周りが明るくなった7時にようやく出船。風もなく凪予報の本日は、館山方面へ進出し各ポイントを転戦してくる予定である。マイボートを停泊している保田漁港を出発し一路、館山沖を目指すわけだが、港を出 ...

12~13日は、成人の日による連休。当然、初釣りとなる訳だが、少々釣り物に迷っている。本来ならば、マダイ狙いと行きたいところなのだが、年末まで続いたワラサフィーバー。マダイ狙いの仕掛けに食ってくるものだからバラシの連発。ワラサ狙いに絞ると食ってこないという状況 ...

釣りに関わらるエピソードをいろいろと書いてきた。楽しい思い出は、沢山あるが一番印象に残っている出来事は釣りを通じて知りあった仲間たちとの交流、特に師匠である海人丸船長との出会いとなる。師匠との出会い海人丸は、白浜地区の一番外れにある釣宿だった。船釣りを始 ...

釣り好きが高じて2級船舶免許を取得。貯金をはたいてボートを購入したのが2006年。初出船は、11月の事だった。以来、手前船頭で東京湾に浮かぶ日々を過ごしている。 遊漁船に乗船すれば、釣れる場所に連れていってもらえるずっと効率的だが、ボート釣りでは、その日の ...

「釣りが趣味」と言う人、皆さんの近くにも多くいるのではないだろう。ところが、「何を狙っているんですか」と質問を続けると違う答えが返ってくる。そもそも「釣り」と一言で言っても対象とする魚によってまったく別物となる。フィールドだけでも「磯・船・川・湖・堤防・ ...

どんな事でも気心知れた仲間と一緒だと楽さが増すものだ。私の職場には、船釣りサークルがある。サークルと言ってもゆるやかな組織で会費もなけれな、会則もない。釣り好きが集まって年に何回か一緒に釣りに行こうというのがコンセプトのゆるゆるなサークルである。船釣り大 ...

子供のころから田舎の用水路で葦を竿として小鮒を釣ったり、中学生になるとクラスメートと釣りクラブを作って多摩川に通っりと「釣り」に親しんできた。成人して一時期、釣りをやめていが、1994年頃から「磯釣り」にハマるようになる。インストラクターに憧れて磯釣りに興味 ...

「一時間、幸せになりたかったら酒を飲みなさい。三日間、幸せになりたかったら結婚しなさい。八日間、幸せになりたかったら豚を殺して食べなさい。永遠に、幸せになりたかったら釣りを覚えなさい。」という中国の諺があるのをご存知だろうか。そんな釣りに魅了され「釣りキ ...

↑このページのトップヘ