4月に入り桜も最盛期を過ぎつつある。
水温も安定しだし、いよいよノッコミの本格的な時期がやってきた。
館山沖では、マダイの群れが集結し安定的な釣果を叩き出している。
マイボートでの釣行もこれから強化月間となっていく。
昨年は、ムラが多かったノッコミ期のマダイ釣り。
しかし、ながらこの時期らしい大物も上がって満足なシーズンを送れた。





今期は、安定的に釣れているが、大型と言える釣果は、得ていない。
そこで、3日(土)~4日(日)に連休を取ってノッコミ期に入ったマダイを狙いマイボートを出船。
予報では二日間ともに風弱く、釣りには問題はない。
久しぶりの連泊釣行に期待に胸を躍らせての釣行となる。

好調が伝えられる館山沖
ポパイには8時に到着。予定では4番目の出船であったが、前のお客がまだ到着していないという事で2番目に繰り上げてくれて8時半には、船を降ろすことが出来た。
今回は、好調が報告されている館山沖に絞って釣行予定。
さっそく、館山を目指して船を走らせる。
9時には到着。
象背根には、すでに船団が出来ている。
船団を通り過ぎて横瀬を目指す。
前回、2.2㎏のマダイが釣れたポイントだ。



こちらも船団が出来ているが、それぞれ間隔が開いているので問題はない。
横瀬のマイ実績ポイントへ船を付けて仕掛けを投入する。
海上は、風は弱いもののウネリが少々入っている
しかし、操船に支障はない。
投入直後から魚探には魚影が映し出され、付けエサも取られる。
本命らしき反応もあるがなかなか食ってこない。
横瀬は、マダイの産卵場所なのかノッコミ期に大きな群れが形成される。
そして、釣れてくるサイズも良い。
今回は、3㎏以上の型を狙っているので本命のポイントと考えていた。
しかし、遊漁船団が形成されてしまうとマイボートでは不利で釣果に恵まれない。
今回も時間が遅いせいですでに大型の遊漁船が操業を開始しており、魚の警戒心が高くなってしまっているようだ。
2時間ほど粘ったがついに本命からのアタリなくサバが1匹釣れただけで移動することになってしまった。

20210403-1サバ

次に向かったのは、湾内のロイヤルホテル下。
以前に5㎏超えのマダイを仕留めたポイントだが、最近はフグが多くて釣りにならなくなっていた。
しかし前回の釣行時には、フグが減りマダイの気配が漂ていたので期待が持っての移動であった。
本日もフグも少なく周りに浮かんでいる船も1艇だけと静かに釣りができている。
反応も次々と映し出され何時食って来ても可笑しくない状況が続いていた。
小一時間が過ぎた昼頃ようやくアタリ。
さほど大きなサイズではないが、本命のマダイであった。

20210403-2マダイ

続いてすぐにまたアタリ。同サイズが上がってきた。

20210403-3マダイ

狙いの大型ではないが、坊主逃れで一安心。
いずれも針を飲み込んでおり、活性は高いようだ。
その後にもう1匹追釣したがこれは25㎝ほどの小型なのでリリース。
最初のアタリから30分ほどで3匹を立て続けに釣り上げることが出来た。
しかし、その後、フグが増え針を取られる事が多くなったので移動する事とした。

不調の保田沖
時刻も13時半となり保田沖に戻って残り2時間は、「保田のモンスター」に挑戦して沖上がりとする事とした。
復路も快調に飛ばして予定通り14時に保田沖に到着。
周りに遊漁船はいない独占状態の中、仕掛けを投入する。
直ぐに多数の反応が現れ、中にはモンスタークラスも映し出される。
しかし、エサ取りが多すぎる上に潮が流れていないのか本命らしき魚影は上がってこない。
いや上がっては来るのだがその前に餌を取られてしまう。
3分も付けエサが持たない状態で釣りにならない。
やがて時間となり初日は終了。
型に不満は、残るがすっかり日が高くなってからの開始で本命3匹なのでまあまあと言う結果。
翌日に期待して沖上がりとなった。

横瀬で勝負。ノッコミマダイ乱舞!!
翌日は6時に保田漁港を出船。
東風がやや強くウネリもあったことから保田沖から開始するが、前日と同様。
小一時間で見切りをつけてウネリに向かって船を走らせ館山沖を目指す。
8時少し前に横瀬に到着し、仕掛けを投入。
途中の象背根にはすでに遊漁船団が形成されていたが、時間制限でもあるのであろうか横瀬には、地元の船が1艇浮かんでいるだけで静かな海上である。
前日よりウネリが高く船の操船が頻回となるが問題になるほどではない。
第一投目を投入してからコマセが無くなってしまったので新しいコマセを準備していると竿先が引き込まれている。
慌てて竿を立てると糸が引き出される。
前日よりは明らかに違う引き。
良型を期待したがやり取りの最中にサイズはそれほどでもないことが分かった。
海面まで来てもまだ抵抗するので青物かと思ったが上がってきたのが1.6㎏ほどのマダイであった。

20210404-4マダイ


またも針を飲まれてしまっている。
針を付け直して投入するとすぐにアタリ。2回ほど引き込みを見せフッと軽くなってしまった。
どうやら飲み込まれたようでハリス切れ。
また、針を付け直して仕掛けを投入するとすぐにアタリ。
竿先を引き込むようなアタリではなく、ゴツゴツといったアタリだったのでサバか何かと思い、電動リールでゴリ巻きする。
途中でリールが止められれたりしたが、青物とばかり思いそのまま引き上げってしまった。
海上に浮かんだのは先ほどより大きいな1.9㎏のマダイであった。

20210404-5マダイ

抱卵してお腹はパンパンに膨れている。その為に引きが引きが弱かったのかもしれない。
マダイ連発で好調に釣り続けていたが、9時頃になると象背根から次々と遊漁船が移動してきた。
こうなるとマダイの警戒心が一気に上がり反応も無くなってしまった。

象背根にはイサキの群れが
気配が無くなってしまったので、釣れたサバを切り身して湾内の実績場所で中深場を狙ってみることにした。
しかし、風が強くなり、船が流れすぎて底立ちがうまく取れず、釣りにならない。
付けエサも取られない状態で小一時間で見切りをつけ、再びマダイに狙いを変更。
象背根まで移動して仕掛けを落とす。
しかし、反応は少なく、エサ取りは多くと言った具合でどうも釣れる気がしない。
時刻も昼を過ぎてしまったので帰路の事を考えるともうあまり時間がない。
遊漁船は、沖上がりの時刻となり次々と走り去っていく。
ここで前回釣行時にポパイの他のお客がイサキを沢山釣って来たというエピソードを思い出し、根の上を調査釣行してみる事を思いついた。
早速、根の上に移動するとイサキらしき大きな群れの反応が魚探に映し出される。
その下には大きな魚もいる。
試しに仕掛けを投入するとすぐにあアタリがあり30㎝超のイサキが食ってきた。
このサイズのイサキなら嬉しい外道と言える。
群れはいくつもあって専門に狙っても面白そうだ。
2匹目のイサキを釣り上げてから群れから少し離れた場所で仕掛けを投入するとゴツゴツとアタリ。
電動リールで巻き上がると何と30㎝程のマダイが付いていた。

モンスターは現れず
この1匹で気が済み、二日間の最後をモンスター挑戦で終えるべく保田沖へ移動。
保田沖には14時に到着。後片付けなど考えると1時間半ほどの残り時間。
しかし、状況は好転してはおらず、轟沈して終了時間を迎える事となった。

二日間を通して館山沖と保田沖で明暗を分けた。
反応そのものはあるのだがエサ取りが邪魔すぎる。
イサキは夏に産卵の為に群れがで出来るのではなかったのか?
すでに抱卵したイサキの群れが集結している。
型もよく、ウリンボウサイズではない。専門に狙っても面白そうだ。
マダイは、完全にノッコミに入った。
型物は今回も上げられなかったが、昨年に比較すると安定的な釣果となっている。
5月の連休まで型物を目指して釣行を重ねていく予定である。

釣りのデータ
年月日:2021年4月3日(土)~4日(日)
場所・釣り船:内房保田海岸からマイボート
天気・水温:曇り時々晴れ・曇り時々雨、小潮、水温??度、薄濁り
釣り方:コマセ釣り
エサ:オキアミ
タックル:竿=DaiwaリーディングXA55-225IV、リール=リール=Daiwaレオブリッツ300J
仕掛け:ビシ80号、ハリ4号10m、針10号
釣果:マダイ25~50㎝(~1.9㎏)6匹、イサキ30㎝2匹、サバ、マアジ

20210404_160648

ランキングに参加中です。よければクリックをお願いします!!
↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 東京・東京湾釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ プレジャーボート釣りへ