ノッコミもそろそろ終盤。
今シーズンは、釣行の度に本命を釣る事が出来ているがサイズはもう一つ。
昨年のような良型が出ていない。




そこでノッコミらしい大型マダイを目指して24日(土)出船する事となった。
今回の釣行には、ゲストとして釣友のSさんが同行してくれた。
これで4回目の乗船。
前回は、何とかマダイを釣って貰っているが今回はどうか。

狙いを館山沖に絞る
出艇が2番目となり下架は、9時近くになってしまった。
急いで好調が続く館山沖を目指す。
本当は、連休なので日曜日の早朝に勝負を掛けたいところだったが天候が悪化するとの予報の為、日帰り釣行となっている。
遊漁船の船団が出来上がってしまうと小さなマイボートでは不利となってしまうが、すでに象背根には、船団が出来上がってしまっている。
この所、イサキの好釣果もあって大小さまざまな船が浮かんでいる中、当方も仕掛けを落としてみる。
とすぐにSさんにアタリ。案の定、イサキが釣れてきた。

20210424イサキ-1 (2)

根の上でイサキを専門に狙えば相当釣れそうだが、今回の狙いは「良型マダイ」である。
仕掛けの棚をマダイ用に落とす。
しかし、マダイの活性は低く反応も少ない状態が続いてしまう。
横瀬に移動したが、こちらも状況は変わらない。

遊漁船団を避けてロイヤルホテル下に移動。
フグの猛攻が心配だったが、釣始めは、エサ取りの反応はない。
ここでようやくマダイが顔を見せてくれた。

20210424-1

小型ながら本命を釣り上げ一安心。
しかし、コマセが効きだすとフグが集結して来てしまった。
時刻も昼を回った事から再度、象背根を攻めてから帰路につくことにして場所移動する。

イサキ爆釣!!
象背根に到着し仕掛けを落とすとすぐにイサキらしき群れが魚探に現れる。
Sさんに仕掛けの棚を群れに合わせてもらうとすぐにアタリ。
ここまで貧果という事もありマダイを諦めイサキに狙いを変更する事とした。
ポイントも根の上に移動。Sさんは仕掛けも短くしてイサキを狙う。
根の上では、次々とイサキの群れが現れ、その群れに向かって仕掛けを落とし、イサキの入れ食いを堪能することとなる。
釣れてくるのは30㎝超えの抱卵した良型が多くお土産には十分。

20210424-3

小一時間で二人で20匹前後を釣り上げるが出来た。
沖上りも近づき最後に保田沖で短時間仕掛けを落としたがこちらは底荒れしているのか反応がない。
結局、期待の良型マダイは釣れずに終了となった。

マダイの良型は、釣れなかったが代わりにイサキが爆釣!!
専門に狙っても良い位の釣果であった。
ゲストにも満足が行くくらい釣って貰えて満足な釣行となった。
ノッコミも終盤。良型を狙って最後の追い込みに入っていく。






釣りのデータ
年月日:2021年4月24日(土)
場所・釣り船:内房保田海岸からマイボート
天気・水温:晴れ、中潮、水温??度、薄濁り
釣り方:コマセ釣り
エサ:オキアミ
タックル:竿=バトルシップス 210-30~80号ワインレッド、リール=Daiwaシーボーグ300FB
仕掛け:ビシ80号、ハリ3~4号・テーパー仕掛け10m、針10号
釣果:マダイ35㎝、イサキ、サバ

20210424_160920



ランキングに参加中です。よければクリックをお願いします!!
↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 東京・東京湾釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ プレジャーボート釣りへ