水温も安定し、ノッコミらしい大型が上がったとの情報が入ってきた。
今シーズンは、釣行の毎にマダイが釣れて安定した釣果は得ているが、大型と言えるサイズはまだ釣れていない。
通年で行けばノッコミもGW明けくらいで終了してしまうことから最後の追い込みを入れていくことになる。

良型に狙いを絞る
4日(火)GW終盤の休日。良型を狙って出船。
2021年のGWは、風が強く吹きプレジャーボートが降ろせそうな日が今日だけで明日も風予報。
という事もあってポパイマリンからも4艇が出船予定と盛況。
幸い当方は、1番目の出艇となった。
8時半には準備を終えて一路、館山沖を目指して出発し、20分ほどで到着。
イサキ好調とあって象背根には、船が集結し船団が出来上がっている。
船団を避けてロイヤルホテル下から開始。
こちらには、カートップボートが1艇浮かんでいるだけでゆったりと釣りができる。
風はほぼ無風、ウネリもなく、潮も流れずエンジンを切っても同じ場所に留まっている様な凪状態。
潮色は、濁りが入っている。
仕掛けを投入するとパラパラと反応が出るが付けエサは残ったまま。
心配されたフグもいない。
反応自体は、次々と出るのだがなかなか食ってこない状態が続いていた。
釣り初めて30分程経過した9時40分頃、ようやくコマセの棚まで上がってくる良い反応が現れ、途端に竿先が引き込まれた。
今回は、ハリス3号を使用していたので慎重にやり取りするが獲物は、ハリスを切るほどのサイズではない。
上がってきたのは、35㎝くらいのマダイ。

20210504-1

狙ってるサイズには、ほど遠いが坊主逃れで一安心。
その後も、食ってきそうな雰囲気は、続いていたが10時も回ったところでサイズアップを狙って移動することにした。

好調な横瀬
次に回ったのは横瀬。
今期は好調でロイヤルホテル下より良いサイズを上げている。
船団も象背根に集中していて横瀬にはあまり浮かんでいない。
移動してしばらくすると南風が吹き出してきた。
今日の予報では、昼過ぎからかなり吹く予報。あまり長い時間やれそうにない。
さすがにエンジンを切ったままでは、流されてしまうので操船しながらの釣となった。
こちらもエサ取りが少なく、時折、マダイの反応が現れる状況で何時食ってきてもおかしくない状態が続く。
期待をしながら投入を繰り返していると11時過ぎにようやく竿が引き込まれた。
今度は、それなりのサイズで糸が引き出される。
引きを楽しみながら取り込んだのは、56㎝・2.3㎏のマダイ。

20210504_105719 (2)

横瀬では、レギュラーサイズ。
次の投入では、巻き上げの途中で何者かが食ってきてたが、残念ながらハリス切れ。
時間が昼近くなり風も徐々に強まってきたので12時半には、保田へ移動。
期待の保田沖は、すごい濁りとエサ取りの嵐で釣りにならず、追釣はならなかった。

館山沖と保田沖で明暗が分かれた。
このところ、保田沖には変な濁りが入って釣りにならなず、いつもいる遊漁船の姿も見られない。
ポパイの社長情報では、台風並みに荒れていたとの事であったのでその影響で底荒れしていたのかもしれない。
館山沖は、マダイにイサキと好釣果が続いている。
特に横瀬は、釣れればそれ内のサイズ。
今期、4匹を仕留めたがすべて50㎝超。1.6、1.9、2.2、2.3㎏。
大型こそ出ていないが型が揃っている。バラシも2回。
狙うなら横瀬か。

釣りのデータ
年月日:2021年5月4日(火)
場所・釣り船:内房保田海岸からマイボート
天気・水温:晴れ、小潮、水温??度、濁り
釣り方:コマセ釣り
エサ:オキアミ
タックル:竿=バトルシップス 210-30~80号ワインレッド、リール=Daiwaシーボーグ300FB
仕掛け:ビシ80号、ハリ3号10m、針10号
釣果:マダイ35~55㎝(~2.3㎏)2匹


ランキングに参加中です。よければクリックをお願いします!!
↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 東京・東京湾釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ プレジャーボート釣りへ