つり政ブログ

東京都新宿区出身で父親の影響もあって子供のころから釣りに親しんできました。 成人してからは南房総を中心に磯釣り、船釣りを楽しんでいましたが、2006年に小型船舶免許を取得した事を契機にマイボートフィッシングに夢中になっています。 2019年から釣り動画などの投稿を始めました。

タグ:マダイ

盛夏も過ぎて気が付けば間もなく9月。保田地方の各遊漁船では、早くもワラサが釣れ出したとの情報が掲載されている。おまけに良型のマダイの釣果まで。時期的には早すぎる気がするが、これらの情報の真偽を確認するべく出船の運びとなった。土曜から3連休となっていたので釣 ...

7月に入り梅雨真っ最中。大雨による災害が発生するなど今年の雨の量は異常だ。コロナ禍も収束方向が見いだせず、東京では4回目の非常事態宣言が出されるとか。7月は誕生月だが毎年、良い思いをした記憶がない。マダイの季節が終了した、7~8月は夏の強い日差しもあり厳しい釣 ...

12日(土)~13日(日)連休でマイボート釣行。6月も中旬となり、さすがにノッコミも終了し保田周辺の遊漁船でマダイを狙う船は皆無となった。毎年、ノッコミが終了してから秋の青物まつりまでの3か月(6~9月)、釣物に悩まされる時期となる。マイボートで釣りを始めた頃は ...

6月も近くなりノッコミも終盤に入った。内房周辺の遊漁船も釣物をマダイからイサキなど梅雨時期が旬な魚へと変更されている。今シーズンは、釣行の度に2㎏程度のマダイを釣り上げ安定的な釣果を得ているが、ノッコミ期ならではの大物には巡り合えていない。終盤とは言えまだ ...

水温も安定し、ノッコミらしい大型が上がったとの情報が入ってきた。今シーズンは、釣行の毎にマダイが釣れて安定した釣果は得ているが、大型と言えるサイズはまだ釣れていない。通年で行けばノッコミもGW明けくらいで終了してしまうことから最後の追い込みを入れていくこと ...

ノッコミもそろそろ終盤。今シーズンは、釣行の度に本命を釣る事が出来ているがサイズはもう一つ。昨年のような良型が出ていない。 そこでノッコミらしい大型マダイを目指して24日(土)出船する事となった。今回の釣行には、ゲストとして釣友のSさんが同行してくれた。これ ...

4月に入り桜も最盛期を過ぎつつある。水温も安定しだし、いよいよノッコミの本格的な時期がやってきた。館山沖では、マダイの群れが集結し安定的な釣果を叩き出している。マイボートでの釣行もこれから強化月間となっていく。昨年は、ムラが多かったノッコミ期のマダイ釣り。 ...

3月に入り季節は、すっかり春。房総半島は、頼朝桜に変って染井吉野が咲き誇っている。海の中も季節が進み、ノッコミ直前だ。そんな状況下の20日(土)「春分の日」、ゲストを迎えてマダイ狙いで出船。3度目の正直出船は、8時半。今日は、朝の内に北風が吹き徐々に凪る予報で ...

保田方面には、イワシの群れが接岸し、前日には浜に打ち上げられていたという。釣行日の本日もポパイの目の前に浜にウミウが群れてイワシを捕食しているシーンが見られた。実は、土曜日から休みを取っていたのだが前日は、強風が吹き荒れとても出船できる状態ではなく、断念 ...

ノッコミにはまだ明らかに早いが、マダイは徐々に群れてきている気配が漂うようになってきた。本格的なシーズン前だが今回は、久しぶりにゲストを迎えてマダイ釣りに挑戦した。凪の中、館山方面へ進出前回の釣行から間が無く、状況に大きな変化があるとは思えない。 象背根で ...

昨年の秋から好調が続いていたワラサ。良型は、館山沖へ移動した。今の時期は北風が強く、なかなか館山方面への進出ができない。前回は、このワラサを狙って館山方面へ進出したが、すぐに北風が吹き出し消化不良の釣行となってしまった。 水曜からの平日連休。予報では、凪。 ...

私のブログで保田沖に生息するモンスターについて何度も記載してきた。昨年末にはついに正体を突き止めたと思っていたが、それは、幻想だったようだ。このブリというか大きなワラサというか迷う程度の獲物を持って「保田のモンスター」とは、思い違いも甚だしかった。本当の ...

10~11日は、成人の人の連休を利用して2021年度の釣初め。年末まで保田沖ではイナダの群れが押し寄せ、マダイやワラサ狙いの邪魔になっていた。事前の情報では、ワラサの群れは館山沖へ移動した模様なので、今回は、館山まで進出したいところだ。前日まで西風が吹き荒れ大時 ...

有名ではないがモンスターの潜む海域私のボート釣りのメインゲレンデとしている内房保田沖。金谷と勝山との中間に位置する当地は、プレジャーボートやヨットの寄港を受け入れている保田漁港があり有名な観光地「ばんや」を有している。元名海岸からはゴムボートやカートップ ...

2020年も残り僅か。19~20日は、年末年始休暇前の最後の連休。保田沖では相変わらずイナダ祭りが続いているが、時折、良型のマダイも顔を見せているようだ。前回の釣行では、イナダ地獄に見舞われ思ったような釣果を得られなかったが、 何とかイナダを交わし、良型のマダイの ...

今年も残り1か月。季節は、すっかり冬へと変わり朝夕は冷え込む日が多くなってきたが、水温が下がらないのか12月に入っても保田周辺では、ワラサフィーバーが続いている。しかし、海の中も徐々に変化が起きているようで、ここに来てマダイの大型が上がり始めた。そこで土日連 ...

11月に入り季節は秋から冬に近づいてきた。保田周辺でもワラサフィーバーは、相変わらず続いているが遊漁船の中には釣物をヤリイカやカワハギに変更した船宿も出始めた。今週は、諸事情あって消化できていなかった夏季休暇の残りを文化の日と合わせて取得し、平日連休が実現 ...

保田方面というより東京湾各地では、ワラサが好調。様々な遊漁船のHPで好釣果が報告されている。昨年のようなブリ級は、少ないようだが、イナダ交じりに数が出ているようだ。この好機にマイボートで参戦したいところだった、なかなか時間が取れず、気が付けば10月も最後の週 ...

今週は、職場の釣りサークルメンバーと外房・大原港から天の清栄丸に乗船し、前回に続いてテンヤマダイに挑戦。 秋も深まりマダイの数釣りの時期となり期待に胸を躍らせの釣行となった。一方で、これまでテンヤマダイでは、小型マダイしか釣っていない。今回は、何としても型 ...

気が付けば8月も残り僅か、今週は、最後の週末となる。残暑がまだまだ続き、厳しい釣りが予想されたが、土日連休でマイボート釣行を決行。釣物には、大きに迷った。なにしろ前回の釣行では完全坊主を食らっている。 最近は、海の状態も戻り、青物の釣果もチラホラと聞かれる ...

本日は、久しぶりに職場の釣りサークルメンバーとの釣行となった。釣物は、これも久しぶりの「一つテンヤ」。前回は、二日酔いで釣りにならなかった苦い思いをしている。出船が午後という事もありゆっくりと自宅を出て大原港に到着したのは10時半。前日から泊まり込んで宴会 ...

外出自粛解除後、釣りも再開した。早速、出船した先週の釣行では、大物をバラシ悔しい思いをしてしまった。 今週は、土日連休の釣行を計画。N-BANで初めての車中泊も経験することになる。天候悪くいつものように7時には保田海岸に到着して朝食を取りながら海の様子を観察する ...

コロナ禍による外出自粛要請(県をまたいだ移動自粛)がようやく解除された。感染防止の為に4~5月の釣行を取りやめていたがようやく活動を再開。例年ならノッコミが終了してしまったこの時期は、釣行を小休止するところ。しかし今年は、逆にこれからピッチを上げていく事に ...

例年ならマダイ釣りには、苦戦必至の2月。高水温の影響でノッコミが早まっているのか好釣果に恵まれる事となった。 内房鋸南町周辺の遊漁船は、ヤリイカ釣りがメインだが、早くもマダイ専門の船も出始めた。マイボートでも本格的なノッコミを期待して3月も釣行を重ねていく ...

例年2月は、厳寒期でマダイ釣りには厳しい季節。釣果0も珍しくない。なので釣行回数も絞ってしまう所なのだが、今年は、水温が下がらないのか魚探に多くの本命らしき魚影が映し出される。4日の釣行で仕留めたマダイは、すでに抱卵していた。 本格的なノッコミには、流石に早 ...

「釣った魚は、どうしてるの?」とよく聞かれる。当然、調理して食す。何しろ下処理しないと誰も貰ってもくれない。道具には意味がある左利きの私。当初は、家にあった右利き用の包丁を使っていた。刃の向きが逆なので背骨に沿って包丁入れるとそのまま背骨を断ち切ってしま ...

4~5日。平日だというのに連休を取り、マイボートで出船。狙いは年末から釣れ続いているワラサ。挑戦を続けている物の何度もハリスを切られ、返り討ちにされてきた。 ワラサフィーバーも下火になったのか、保田周辺の釣り船は、狙いをヤリイカやアマダイに変更してしまってい ...

ばんやの駐車場で車中泊し、二日目を迎えた。日の出がすっかり遅くなり周りが明るくなった7時にようやく出船。風もなく凪予報の本日は、館山方面へ進出し各ポイントを転戦してくる予定である。マイボートを停泊している保田漁港を出発し一路、館山沖を目指すわけだが、港を出 ...

釣り好きが高じて2級船舶免許を取得。貯金をはたいてボートを購入したのが2006年。初出船は、11月の事だった。以来、手前船頭で東京湾に浮かぶ日々を過ごしている。 遊漁船に乗船すれば、釣れる場所に連れていってもらえるずっと効率的だが、ボート釣りでは、その日の ...

「釣りが趣味」と言う人、皆さんの近くにも多くいるのではないだろう。ところが、「何を狙っているんですか」と質問を続けると違う答えが返ってくる。そもそも「釣り」と一言で言っても対象とする魚によってまったく別物となる。フィールドだけでも「磯・船・川・湖・堤防・ ...

↑このページのトップヘ